gShadersリリース

     さて、北田さんのブログでも告知された通り、いよいよgShader改めgShadersがリリースされました!!
     ■gShaders特設ページ

     製作者のryuさんを初め開発に携わった皆様方、大変お疲れ様でした! 現状はワタシのHPを間借りしてのリリースとなります。気になってた方々、どんどんダウンロードして下さいなw

     さて、リリースもしましたし、ここらでバーンとレンダリングイメージでも出したいところなのですが、なんともフライング気味につい先日トラックのレンダリングイメージをブログに上げてしまい弾が切れましたww なので、今回はインストール方法の補足をちょろっと書こうかと思います。

     一応マニュアルにインストール方法は記載されているので、ここでは細かい所の説明をします。

    1)まずはダウンロードすべし

    gShaderExp001.jpg
     gShadersのページに行ったら、まずはzipファイルをダウンロードします。殆どのもの場合クリックするか、右クリックして「対象をダウンロード」的なメニューを選べばOKです。
     対応バージョンは2011の64/32bit、2010の64/32bit、2009のみ32bitだけです。それ以下は今のところ対応してません。悪しからず。。。


    2)Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージも落とすべし

     さてgShadersページの注意事項に「Microsoft Visual C++ 2010」が~とか書いてます。コレな~に?って話なんですが、ボクも良く分かりませんw
     とりあえず使用にあたって必要だそうなので、インストールしてない方はこっちも入れておきます。リンク先からダウンロードして、インストールして下さい。(因みにMacは不要だそうです。)


    3)ZIPを解凍して指定のディレクトリに入れるべし

     さてダウンロードしてきたZIPファイルを解凍すると、中には「gShaders」「userSetup.py」と言う2つのファイルが入っているはずです。これらをインストール先のMayaのスクリプトディレクトリにコピーします。
     スクリプトディレクトリはWindowsの場合
        ・マイドキュメント\maya\バージョン\scripts (Windows XP)
        ・ドキュメント\maya\バージョン\scripts (Windows7, Vista)
    のことです。因みに日本語版を使ってる方は
        ・ドキュメント\maya\バージョン\ja_JP\scripts
    になりますのでご注意を!
    gShaderExp002.jpg


    Maya起動!

     さて、これで基本的な準備は終了しました。
     あとはMayaを起動するだけです! Mayaを起動すると一緒に出現するOutput Windowに
    # gShaders setup done. #
    と出力されていればセットアップ終了です。
    gShaderExp003.jpg

     レンダリング方法はgShaderのページのチュートリアルに載ってますので、是非読みながらお試しください。


     さぁ、存分にレンダリングするべし!!!w
    スポンサーサイト
    プロフィール

    Eske

    Author:Eske
    萌えイラストレーターを目指す3DCGイラストレーター。
    現在ポケモンカードゲーム、ガンダムトライエイジ、ガンダムコンクエスト、妖怪ウォッチとりつきカードゲームなどで3DCGを使用したイラストレーターとして参加中。

    主にここでは日々気づいたメモなんかを残してます。
    イラストのお仕事も受け付けております。ココのメールアドレスからご連絡できますので、お気軽にご相談下さい。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR