スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Maya2011 - toolBar・dockControlコマンド編

     前回の記事の後半でtoolBarとdockControlの紹介をしましたが、もう少しわかり易く説明するために、実際に運用してみました。

     toolBar・dockControlコマンドとは、自作ウィンドウをMayaのメインウィンドウへ取り込んでくれると言う、今まで散々苦労して自作のパネルを組み込んできたGUI改造房は自殺したくなるようなコマンドですorz

     さっそく実践・・・まずメインウィンドウに組み込む前に、自作ウィンドウを作成します。
    凝ったのを作るのは面倒なんで、とりあえずアウトライナーを量産します。
     作成されたアウトライナーにはそれぞれmyOutliner1~4と名づけています。
    {
        for( $i=1; $i<5; $i++ ){
            string $windowName = "myOutliner" + $i;
            if( `window -ex $windowName` )
                deleteUI $windowName;
            string $myOutliner = `window $windowName`;
            paneLayout;
            outlinerPanel;
            showWindow $myOutliner;
        }
    }


    outlinerBrothers.jpg
    アウトライナー4兄弟ができました。


     これに対し、まずtoolBarコマンドを適応してみましょう~
    {     string $area[] = {"top", "right", "bottom", "left"};
         for( $i=1; $i<5; $i++ ){
             string $myToolbar = "myToolbar" + $i;
             string $windowName = "myOutliner" + $i;
             toolBar -area $area[$i-1]
                 -content $windowName
                 -allowedArea "top"
                 -allowedArea "bottom"
                 -allowedArea "left"
                 -allowedArea "right"
             $myToolbar;
         }
     }
    

    outliner1.jpg
     先ほど作ったアウトライナーズを、toolBarコマンドにて上下左右に配置してみました。
     ・・・がなんだか潰れてしまってよくわからないっすね・・・ここら辺の調整は色々試さないとダメそうです。



     今度はdockControlを使 用してみましょう~
    {     string $area[] = {"top", "right", "bottom", "left"};
         for( $i=1; $i<5; $i++ ){
             string $myDock = "myDock" + $i;
             string $windowName = "myOutliner" + $i;
             dockControl -area $area[$i-1]
                 -content $windowName
                 -allowedArea "top"
                 -allowedArea "bottom"
                 -allowedArea "left"
                 -allowedArea "right"
             $myDock;
         }
     }
    

    outliner2.jpg
    こちらはちゃんと左右のアウトライナーが表示されてますね! 上下は何やら潰れてますが、それは高さが足りないからでしょう。

     dockControlの場合、位置はビューポートの上下左右のみしか配置できませんが、その代わりpaneLayoutのように境界線部分で自由にサイズ変更できます。
     サイズ変更したのがこちら↓
    outliner3.jpg
     アウトライナーに囲まれた生活・・・(*^Д^*)

     またdockControlをドラッグすることによって、セパレートできます。
    outliner4.jpg
     さらに、dockControlを同じ部位(この場合は下)にドラッグする事によって、タブ化されます。
    outliner5.jpg

     こんなんが標準機能になる日が来るとは・・・素晴らしい。
     これでさらにPyQTで細かいカスタマイズができると、夢が広がり過ぎて大変ですね~

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Eske

    Author:Eske
    萌えイラストレーターを目指す3DCGイラストレーター。
    現在ポケモンカードゲーム、ガンダムトライエイジ、ガンダムコンクエスト、妖怪ウォッチとりつきカードゲームなどで3DCGを使用したイラストレーターとして参加中。

    主にここでは日々気づいたメモなんかを残してます。
    イラストのお仕事も受け付けております。ココからアクセスできますので、お気軽にご相談下さい。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。