スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    バンブルビーもやってきた(Prime1Studioバージョン)

     予約開始から1年1ヶ月の歳月を経て、ついにプライム1スタジオさん製のバンブルビーが届きましたぞ〜!
     最近はすっかりブログの更新を怠っている次第ですが、たまにはアップしないとね!
    p1BumbleBee001.jpg
     プライム1スタジオさんの社長さん曰く「足まわりの強度の確保が物凄く苦労した」との事で、製品化に漕ぎ着けるまでにかなり紆余曲折があった模様ですが、こうして無事モノが届いて感無量ですヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

     そして、以前このブログでもレビューしたタートルズの残り2体もバンブルビーと同日に到着。
    p1BumbleBee002.jpg
     完全に箱テロです・・・この、溜め込んでから一気に放出するスタイル・・・嫌いじゃないぜ( ー`дー´)キリッ
     亀4体についてはまたいずれ。

     って事でプライム1スタジオ製「バンブルビー」、行ってみよぉ〜===3


     まずは箱。いつも通り、土台と本体の2箱に分かれていらっしゃった。
     ディセプティコン系は3箱、その他は2箱の構成が多いみたいですね。
    p1BumbleBee003.jpg
    p1BumbleBee004.jpg
     Bumblebeeのロゴの黄色がワンポイントアクセントになっていて、オプティマスよりもオシャレな感じに仕上がってますね!
    p1BumbleBee005.jpg
     一箱目は台座とエンブレム。この構成もオプティマスと一緒ですが、オプティマスと比べるとだいぶコンパクトです。

     そして本体側の箱。
    p1BumbleBee006.jpg
     なんとバンブルビーは2段構成!! パーツがかなり多いです(@_@) 30パーツ以上からなる構成に組み立てが大へ〜ん! しかしそれが楽しい!

     そして、オプティマスでも同じような事をした記憶のある、胴体のアップ。
     p1BumbleBee007.jpg
     こっちもオプティマスに負けじと細かい〜。そしてパール塗装がとっても綺麗です!!

     組み立て終わって、3面。 どっしり構えてカッチョえぇぇぇぇぇ!
     p1BumbleBee008.jpg
    p1BumbleBee009.jpg
    p1BumbleBee010.jpg
     ボディの車系パーツは、オプティマスがメタリック塗装だったのに対しバンブルビーはパール塗装になっています。
     写真ではこの繊細な光沢具合がまったくわからなくて残念!

     頭部は差し替えでバトルマスクONの状態も選択可能!右腕はソーラーアクセラレーターウェポンに換装、肩にはモーターデリバリーシステムを追加装備できます。
    p1BumbleBee014.jpg
     かなり厳つくなりまっせ!!
     バトルマスク状態でも当然目は光ります。発光にはボタン電池を使用。はじめからついてるのが何気に嬉しいところ!

     各部アップ!!
    p1BumbleBee011.jpg
     胸からお腹にかけてのアクチュエータの密度感が超やべぇぇぇぇぇ!
     オプティマスの時もそうでしたが、この複雑なレイヤーはホント凄いですね。
     p1BumbleBee012.jpg
     こちらもめっちゃ複雑な足。こちらも色んなパーツが入り組んでいてバンブルビーの中でも特に見応えがあると個人的には思っちょります。
    p1BumbleBee013.jpg
    p1BumbleBee020.jpg

     腕!! こうやって見ると、とんでもなく繊細な作りですね。
    p1BumbleBee016.jpg

     そして背中!!!バンブルビーの背中はドアが羽みたいになっていて、とっても特徴的かつスタイリッシュ!!
    p1BumbleBee017.jpg
    p1BumbleBee018.jpg
     さらに脇腹あたりの入り組んだパイプ類のごちゃごちゃ感とのギャップがまたいいですね!
    p1BumbleBee019.jpg
     そしてうなじあたりのエンジンの構成が渋い。


     付属品はこんな感じです。
    p1BumbleBee015.jpg
     箱開封時はもの凄いパーツ数でしたが、組み上がると結構差し替えパーツは控えめです。ってかオプティマスだけ何故か装備品が異様に多いんですよね(・_・;)


     ThreeA版バンブルビーとの比較。左がプライム1スタジオさん、右がThreeAさん。
     ThreeA版バンブルビーの日本流通版は発売が伸びに伸びた結果、同じく発売がだいぶ伸びたPrime1ビーと奇しくもほぼ同じ発売日になったと言う・・・今年の1月末はバンブルビーデーとなったそうなw
    p1BumbleBee021.jpg
    p1BumbleBee022.jpg
     二回りくらい大きさが違います。大きさ以外にも、実物だとぱっと見た瞬間ボディカラーの違いが目につきます。ThreeAバンブルビーはツヤ有りイエロー、プライム1バンブルビーはパールイエローなので、ちょっと印象が変わります。写真じゃまったく伝わらないのがホント残念!
     ハゲ表現については流石汚し塗装に定評があるThreeAさんかなと。逆にむき出しの金属部分はプライム1スタジオさんの方が重厚感や金属感がよく出てると思います。(実際重いんですけどねw)

     各部のパーツ構成はよく見ると全然違うのがわかります。
    p1BumbleBee023.jpg
    p1BumbleBee024.jpg
    ThreeAさんのはだいぶアレンジが効いてますね。可動出来ると言うのもありますが、ThreeAさんはもともと独自色が強いので、敢えてのアレンジなのかなと。


     最後は同じくPrime1Sutudio製のオプティマス・プライムと並べて。
    p1BumbleBee025.jpg
     映画での身長差から考えるとだいぶバンブルビーデカいですね。もっともこのシリーズはノンスケールなので、特に映画での比率で作っているわけではないみたいですが。
     実際の比率で作るとデカさ的に製品化が無理なキャラも出てきますもんね(^_^;
     
    3A_bumblebee026.jpg
     大きさ的にはコチラの方がしっくりきますかな。もっとも、ThreeAオプとビーで比べるとPrime1Studioさんのと同じようなサイズ比になるんですけどねw

     と、色々大きさの比率について書きましたが、逆にビー単体で飾った時にこのデカさだと存在感やら威圧感やらがメチャメチャ出まくりで圧倒されるんですよね。
     ビー好きの人が単体で買っても値段以上の満足感があるので、そう言う意味ではこのデカさはとってもいいアドバンテージになると思います。
     
     って事で、Prime1Studioさんからミュージアムマスターライン・トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン バンブルビーでしたっ!!!
    p1BumbleBee026.jpg
     この時を待ちに待ったぜ、バンブルビー!! 待たされただけあって、その複雑な造形は他の追随を許さない素晴らしい出来になっています。
     お値段も他の追随を許してませんが・・・それだけの価値のある一品になっていると思います。トランスフォーマーは兎に角情報量が多く、それをPrime1Studio製スタチューは余すことなく再現しているので、いくら見ても飽きない素晴らしい商品だと思いまっせ!!
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ご無沙汰しております

    3Aとプライム1スタジオ、両方買われるとは恐れ入りましたm(_ _)m
    ディテールは絶対プライム1の方がいいと思いますし、可動フィギュアは
    なんかグラグラして苦手なんですがオプティマスとの身長比が・・・・
    飾る場所の問題もあり、散々悩んだ挙句3Aだけにしました。

    オプティマスもそうでしたが、プライム1の汚しはエアブラシで吹きつけ?
    のような感じで角の剥げチョロや線傷が入ってないですよね。
    劇中のイメージに近付けたくてオプティマスはリペイントに出しましたが、
    ビーまで予算が回らないというのもプライム1を諦めた理由です(泣)

    大変ご無沙汰しておりました!

     こんな滅多に更新しないブログなのにコメントありがとうございます~。
     自分は可動フィギュア大好き派なんで実は3Aビーも結構気に入っているのですが、やはりディティールは目を瞑らないといけないですよね。
     でもハチべえさんなら3Aビーもガッツリ改修に出しちゃいそうで、そんなレポートが上がる日を楽しみにしております(笑)

     プライム1さんはベースの塗装は綺麗だしこだわりを感じて良いのですが、汚しはハチべえさんがおっしゃられているようにまだ甘いかなぁと言う感じですよね、今後に期待したいです。

     因みに自分の場合は、グリムロックをやめてビーにしたのと、オプティマスの改修などもしていないのでトータルだとハチべえさんの方が・・・(笑)

    threeA

    こちらのブログでレビューを見て、感動して、threeAのバンブルビー購入決意しました。
    なかなかレビューが無い中、貴重なレビューでした、ありがとうございます。

    Primeのもカッコいいですね。

    聞けるサイトがないのでお聞きしたいのです。
    threeAのバンブルビーが届いたのですが、肩と上腕が連結している関節部分クリック(上腕を拳上)が他の脚関節等と比べて緩いです。

    自重で上腕が落ちてくることは今のところ無いんですが、緩くなりそうで心配で、管理人者様のバンブルビーは肩関節堅いですか?

    クリック

     こんにちは、管理人のEskeです。
     自分のレビューを見た上でご購入のご判断して頂けたとの事で、レビューした甲斐があったと嬉しい限りです。

     さて、例の肩関節なのですが自分のところは特に緩いと感じる箇所はありませんでした。
     緩さで気になったのは胸の上にある左右のフィン(?)の片方が異様に緩かったくらいで、それ以外はどこも結構固めのクリックになっていました。
     ただ、購入して半年が経ち、最近両羽が折れてしまったので接着して修理してたりと色々デリケートだなぁと感じる箇所があります。

     日本のお店でご購入されたのであれば、一度問い合わせてみた方がいいかもしれません。場合によっては交換対応してくれるケースもあるようです。
    (ただ、ネットを見てると交換したら別の箇所が破損している・・・なんて話もありましたが・・・)

     参考になりましたら幸いです。

    No title

    お返事有難うございます。

    自身の商品も、胸部上面のフィンは、向かって左側のフィンが明らかに緩いですね。

    個人の感覚もあるんでしょうが、
    脚周辺の関節はカキン、カキンと音がしながらクリックして頼もしいのですが、肩関節あたりは確かにクリック音は弱弱しくもあるけれど、音もせずヌルーッとクリックするので少々不安です。

    結局ほぼ固定ポーズで飾るので、あとはワイヤーなんかで補強ですかね。

    補修

     こんにちは、わざわざご報告ありがとうございます。
     胸のフィンはやはりユルユルでしたか。因みにウチのは向かって右側がユルユルだったので、個体差が結構激しいのかもしれませんね。

     しかし音もなくヌルーっとクリックするのはちょっと怖いですね・・・
     自分の場合は胸のフィンは一度流し込みタイプの接着剤を流して、半乾きの時に動かしてちょっときつくなるようにしたり、背中の羽は折れたんで接着してしまったりと、色々と補修(?)してしまいました。
     あまり参考になるような有効なやり方とは思えませんが、そんな事をしてる人間も居るのか〜などと思って頂ければ・・・
    プロフィール

    Eske

    Author:Eske
    萌えイラストレーターを目指す3DCGイラストレーター。
    現在ポケモンカードゲーム、ガンダムトライエイジ、ガンダムコンクエスト、妖怪ウォッチとりつきカードゲームなどで3DCGを使用したイラストレーターとして参加中。

    主にここでは日々気づいたメモなんかを残してます。
    イラストのお仕事も受け付けております。ココのメールアドレスからご連絡できますので、お気軽にご相談下さい。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。