Cowabunga!! 〜 全員集合編

     前回、実写映画版「ミュータント・タートルズ」のラファエロの紹介をしましたが、今回は残り3体をまとめてレビューっっ!!
     出来るかな・・・

     いや、出来るっ!カワバンガっ!!
    m_tutlesAll001.jpg
     って事で、プライム1スタジオさんから発売中のミュージアムマスターラインの亀4体です!

     4体揃うと勢いが半端ねぇっ!!
     まずは箱からっ!!
     リーダー、レオナルドっ!!
    m_tutlesAll002.jpg
     メカマン、ドナテロっ!!
    m_tutlesAll003.jpg
     やんちゃボーイ、マイキーことミケランジェロっ!!
    m_tutlesAll004.jpg
     統一感のあるグリーンと白(ちょっとXBOXっぽい!?)の箱が非常にクール。
     どれもデカいの相変わらずです・・・
     以外とオプティマス ナイトエディションの方が箱が小さかったりと、ちょっと不思議な感じでした。
     もっともドナテロ・ミケランジェロが届いた日に、同時にバンブルビーも届いて箱による同時攻撃状態だったので、まずは捌くのに必死で、そんな感想を感じてる場合じゃなかったんですがw

     では開封してみませう〜。
    m_tutlesAll005.jpg
     レオナルドから!
     全身が袋に覆われていますが、顔だけ出しててシュールw
    m_tutlesAll006.jpg
     因みにレオナルドのみ、台座への設置する際には足から伸びる太い金属棒を差し込む形式になっています。後にも先にもこの形式なのはレオナルドだけなのが不思議なところ。
    (他の製品はみんな台座から出ている突起に差し込むタイプ)

    m_tutlesAll007.jpg
     こちらはドナテロ。ドナテロは案の定パーツが多いですね〜。4体の中で価格が一番高いのも納得の物量が嬉しいところ。
    m_tutlesAll008.jpg
     逆にミケはかなりコンパクトにまとまった感じです。パーツ点数もかなり少なく、他のキャラは手が別パーツだったりする中、コイツだけ初めから一体型で出来上がってます。
     でも値段が一番安いのはラファエロ・・・色々不思議だ。


    ■レオナルド
     まずはレオナルドから!
    m_tutlesAll009.jpg
     二刀流の侍風な格好だけど、胸に謎の竹(?)の前掛けみたいなものを装備して、若干ワイルドな山賊風なレオナルド!
     m_tutlesAll010.jpg
     その竹(?)の前掛けや、腰のアーマー、太もものコルセットみたいなヤツなど、かなり造形が細かくて見応えがあります!
     m_tutlesAll011.jpg
     背中の甲羅はラファエロとはまた違った質感になっていて、後ろから見ても個性があっていいですね!!
     因みに右手の刀はどうやっても下向けに持たせる事が出来なかったので、柄に輪ゴムを巻いてストッパー変わりにして持たせてます。個体差なんだろうか?
    m_tutlesAll012.jpg
     上半身の塊感が凄い・・・写真はちょっと縦長な感じになってしまってます。iPhoneで縦にして写真撮ったからだろか?

     お顔は若干流し目っぽいクールな感じw
     m_tutlesAll013.jpg
     タートルズシリーズは視線を変更出来るようになっていて、それだけでも表情が違って見えて面白いです!
    m_tutlesAll014.jpgm_tutlesAll015.jpg
     これ大事っ!!!

     各パーツのアジアンテイストが非常にいいですね〜
    m_tutlesAll016.jpg
    m_tutlesAll017.jpg


    ■ドナテロ
     続いてもっともパーツ数が多いドナテロっ!
    m_tutlesAll018.jpg
     ついでに構えが最も動きがあって非常にお気に入りです!!4人の中では一番細身ですが、そのプロポーションにあった、非常にカッコイイポージングだと思いますっ!
    m_tutlesAll019.jpg
     背中はごちゃごちゃとメカパーツがついてて見応え充分。トランスフォーマーとは違うレトロ感がまたいいですね〜。
    m_tutlesAll020.jpg
     ドナテロは斜め後ろからのアングルがすげぇキマりますっ!
    m_tutlesAll021.jpg
     反面、正面からは若干カッコ悪いかな・・・(^_^; )


     頭部のメカパーツはABS?で作られていて、半光沢の質感が非常にマッチしてていいです。
    m_tutlesAll022.jpg
     各ケーブルはまさかの電源タップから供給w 知らんかったww
    m_tutlesAll023.jpg

     背中のメカの塗装は気合十分!!
     汚しが非常に綺麗に入っています、変な話ですが・・・(;´∀`) 雰囲気がよく出てていいですね〜。
    m_tutlesAll024.jpg
     正直な話、塗装のクオリティは同社トランスフォーマー系より上かも・・・
     もっともトランスフォーマーはパーツ点数の多さ、塗り分けの複雑さ、塗装コストの高さ(特にオートボットは車系なので、塗装コストが半端ない)など、不利な条件が多いので一概に比較は出来ませんけどね。
    m_tutlesAll025.jpg
     背中のメカからマザボらしきものがぶっ刺さってたり、先の電源タップがあったりと、センスの良さが光りますね!
     思わずニヤリとしてしまう、見事な造形です。


    ■ミケランジェロ
     最後はマイキーっ!!
    m_tutlesAll026.jpg
     マイキーは4体の中では一番小ぶりです。小ぶりと言っても40cm強あるんですけどね(・_・;)
     ミケランジェロはファイティングポーズでビシィッ!!っとな。
    m_tutlesAll027.jpg
     台座についてる消火栓は石の塊!で、冷たくて重いです。台座は恐らく一番コイツが重いと思われ。
    m_tutlesAll028.jpg
     ミケだけ晒し巻きが少なく、アメリカンでスポーティーな感じの衣装になってます。
    m_tutlesAll029.jpg
     ロングスパッツの質感がいい感じに味を出してますね〜。

     ヌンチャクは木製の柄にチェーンがついてます。チェーンは普通にチェーンになっててジャラジャラしてます。木の柄は非常にイイ質感!
     因みにヌンチャクは本体から外れません。
    m_tutlesAll030.jpgm_tutlesAll031.jpg

     お顔アップ!!
     小生意気な感じがよく出てますよね! もちろん亀たちはみんな視線を変えられますよ〜。
    m_tutlesAll032.jpg
     ベルトや2重のネックレスなど、細かいところまでキッチリ作りこんでます。色彩も橙色の発色が綺麗で、ダークトーンの緑と黒いロングスパッツの組み合わせを引き立ててGOOD!

     台座にはピザの箱が・・・今食った直後なのか!?w
    m_tutlesAll033.jpg
     台座についてはクソ重い消火栓やピザの空箱など、ミケランジェロが一番凝ってますね。

     前回のレビューではファラ&レオだったんで、こっちはドナ&ミケで
    m_tutlesAll034.jpg


     って事でタートルズのウチ残り3体のレビューでした〜。
     正直以前渋谷のパルコでやっていたタートルズ展で参考展示されていたデコマスの時よりクオリティが上がってますね、コイツら!!
     かなり細かい塗り分けがされていて、ドナテロのメカなんかも汚しバッチリ!!崔や刀にはメッキ、トンファーには木が使用されて、4体揃うと物凄くリッチな感じがビシビシ来ます!
    m_tutlesAll035.jpg
     ただし4体並べるには正方形に配置しても1畳くらいは場所を確保しないといけませんので、購入する際にはくれぐれもご注意を!!
     そしてみんなデカいので、4体並べると普通の大きさに感じると言う・・・アレ、何か目がおかしいのな(つд⊂)ゴシゴシ

     以上、プライム1スタジオさんから実写映画版「ミュータント・タートルズ」でしたぁ〜!!
    スポンサーサイト

    tag : プライム1スタジオ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Eske

    Author:Eske
    萌えイラストレーターを目指す3DCGイラストレーター。
    現在ポケモンカードゲーム、ガンダムトライエイジ、ガンダムコンクエスト、妖怪ウォッチとりつきカードゲームなどで3DCGを使用したイラストレーターとして参加中。

    主にここでは日々気づいたメモなんかを残してます。
    イラストのお仕事も受け付けております。ココからアクセスできますので、お気軽にご相談下さい。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR