スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    汎用プロジェクトマネージャ考察2 - シーケンス編

    汎用プロジェクトマネージャ考察1の続き

    ■では具体的にどう定義するか

     ディレクトリ構造の定義を同じディレクトリを作成しそれを参照するようにするとして、では具体的にどうするか?
     以下考え中の構造のサンプルを書きます。
     ・まずプロジェクトルートを指定。ここはもうアドミニ権限の人が手動設定で。
     ・そしてプロジェクトのルートを作成(名前はプロジェクト名)
     ・その下に例えばdefineみたいなディレクトリを作成。
     ・さらにその下にasset(element?)、seq(Sequence?)を作成。
    ここまでは決め打ちでいいかなと思ってます。
     ツールはあらかじめ指定されたプロジェクトルートの下の階層をプロジェクトディレクトリとして認識し、ユーザはそこから一覧を選択。すると、今度はプロジェクトディレクトリの下のdefineディレクトリを見に行き、その下を階層定義ディレクトリとして解析、または参照にかかると。

    こんな感じ
    [ Project Root ]
    |_[ Project ]     ←ここはアドミニが指定
    |_[ define ]    ←名前決め打ち
    |_[ asset ]  ←名前決め打ち
    |_[ seq ]   ←名前決め打ち
    ん、でもassetとseqを決め打ちにしちゃうと、elementとかshotって名前がいいって場合対応できないか・・・
    かと言って定義ファイルを作るとディレクトリ構造から解析すると言う趣旨から外れるので、やはりディレクトリ名から解析したい・・・


    ■ディレクトリ名で定義する

     と言うことで
    [ Project Root ]
    |_[ Project ]     ←ここはアドミニが指定
    |_[ define ]    ←名前決め打ち
    と、ここまでを決め打ちにし、ここから先は名前によって解析するのがいいのではないかと思います。例えばこんな感じ
    名前.カテゴリ
     さすがに普通の命名規則でディレクトリにドットを入れるなって言う縛りくらいは許容範囲ではないかと考えたのですがどうでしょう。
     上記の場合、名前はお好きな名前を管理者が決め、ドットから先は定義済みカテゴリ指定文字列を入れると。例えばオブジェクトを格納するディレクトリをElement、シーケンスを格納するディレクトリをShotとしたい場合
    [ Project Root ]
    |_[ Project ]     ←ここはアドミニが指定
    |_[ define ]    ←名前決め打ち
    |_[ Element.asset ]
    |_[ Shot.seq ]
    こんな感じで。.assetはこのディレクトリがオブジェクトを格納している事を表す定義済み文字列、.seqは同様にシーケンスを格納している事を表す定義済み文字列とします。
     こうすれば、ここから下のディレクトリも同様に定義できるのかも
    [ Project Root ]
    |_[ Project ]     ←ここはアドミニが指定
    |_[ define ]    ←名前決め打ち
    |_[ Element.asset ]
    |_[ Shot.seq ]
       |_[ EP.seq ]
         |_[ Scene.seq ]
           |_[ Cut.seq ]
             |_[ Cut.seq ]
               |_[ publish.master ]
               |_[ work.work ]
                 |_[ anm.animation ]
                 |_[ sim.simulation ]
                 |_[ vfx.vfx ]
                 |_[ lighting.light ]
                 |_[ cam.camera ]

     このように階層構造をディレクトリによって定義し、マネージャはプロジェクト選択時にこの階層を一度解析、その後解析結果を元にブラウザ状のGUIを構築するようにすれば、ある程度の仕様には耐えられるのではないかと。
     勿論このマネージャを使用する時点である程度の縛りは作られますが(必ずWorkとMasterを作成するとか、アセットとシーケンスを分けとくとか)、Aのプロジェクトは映画だからシーケンスの下はシーンとカットだけでいいとか、Bはアニメだから話数(EP)とシーンとカットが必要などの変更にはフレキシブルに対応できるのではないかと思ってます。

     と言うか、前回のプロジェクト(凍結したけど)ではこういったデータにアクセスするブラウザからしてなかったので(正確には個人用には作成中だったのですが、決め打ちで作ってしまったため使えなかった)、こういうものがあれば便利かなぁ~、と思った次第であります。


     ま、今のところただの妄想なんですがw
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Eske

    Author:Eske
    萌えイラストレーターを目指す3DCGイラストレーター。
    現在ポケモンカードゲーム、ガンダムトライエイジ、ガンダムコンクエスト、妖怪ウォッチとりつきカードゲームなどで3DCGを使用したイラストレーターとして参加中。

    主にここでは日々気づいたメモなんかを残してます。
    イラストのお仕事も受け付けております。ココのメールアドレスからご連絡できますので、お気軽にご相談下さい。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。