スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Mayaでプラグイン

     Pythonでロケータを作ってみました。

     が、重い・・・ロケータ1000個くらい出しただけで1.5fpsとかになっちゃいました。コードが悪いのか・・・しかも、Maya2011からMaya2012へのバージョンアップの段階でMScriptUtil周りの仕様が変わった(廃止?)っぽくて、結局バージョンごとに管理が必要に・・・
     Pythonだと同一コードでも複数バージョンでも使えるかなぁ~と言う怠け者精神満載で期待してた部分もあったのですが、これだとその旨味もあんまりなさそうです。(本当はよくないんでしょうけど)

     もう色々面倒になってきたので、結局C++で作成する方針に変更します。
     ・・・が、C++なんてやったことな~い\(^o^)/オワタ まずはコンパイル環境を整えるためにVisualC++2008Express Editionをインストールし、Maya Plugin Wizardなるものを入れてみたりしてみたのですが、うまくいかず。意味わかりません(ーー;)

     諦めきれず色々ググった結果、下記サイトさまで物凄く丁寧にMayaプラグイン導入までの手続きを説明して下さってました。大変感謝!!
    [Maya]プラグイン開発環境の構築(VC++2008/VC++2010)
    [Maya]MayaPluginWizard2.0を、VC++2008/2010 Expressで使う方法

     無事環境構築終了~、とりあえず適当に触ってみますか!
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Eske

    Author:Eske
    萌えイラストレーターを目指す3DCGイラストレーター。
    現在ポケモンカードゲーム、ガンダムトライエイジ、ガンダムコンクエスト、妖怪ウォッチとりつきカードゲームなどで3DCGを使用したイラストレーターとして参加中。

    主にここでは日々気づいたメモなんかを残してます。
    イラストのお仕事も受け付けております。ココからアクセスできますので、お気軽にご相談下さい。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。